自動車保険の申し込みはマナー

なぜ自動車保険に加入すべきかご説明します

自動車保険は頼れるパートナーです

万が一の時のための転ばぬ先の杖として

車をぶつけてしまった場合、怪我をすることもなく、さらに車にも全く傷が付いていないような状態の場合もあり得ます。しかし、あくまでもこれはラッキーなパターンに過ぎず、多くの場合は誰かが怪我をするとか、怪我人がいなくても自動車の修理費用がかなり高額になってしまうものです。では誰かが怪我をしてしまった場合の治療費が必要という時や、相手の車の修理をしなければならないという時、その費用が高額になってしまった場合はどのようにして払えば良いでしょうか。自腹で払うとなるとかなり大変な金額でも、自動車保険を利用すれば全額保険金で払うということも可能です。車をぶつけるということ自体は決して珍しいものではなく、自動車を運転する人であれば誰にでもその可能性はあります。だからこそ、万が一の時のための転ばぬ先の杖として自動車保険は加入しておく方が良いといえます。

自動車を購入する時は、自賠責保険に強制的に加入することになっています。とはいえ、この保険自体は発生した損害を全て保障してくれるとは限らず、実際には被害者を救済するための最低限度の保障をするものにすぎません。そのため、自賠責保険では支払われる保険金野限度額が決まっており、それ以上の額を払ってもらう事はできません。とはいえ、怪我をした相手に対する保障自体は高額になることも多々あります。そこで自賠責保険ではカバーしきれなかった範囲の損害に対して、自動車保険2加入しておけばその保険でカバーすることができます。つまり、相手に対してしっかりと保障するためにも、ドライバーのマナーとして自動車保険の申し込みをしておくことが重要だと言えます。

示談交渉も保険会社の方でしてもらうことができます

車をぶつけてしまった時、相手との過失割合がどれくらいかということなどを知る必要があります。また、示談交渉も行う必要がありますが、これを素人が行おうとするのはなかなか大変です。法律に関する知識がないので、自分の希望・要望を主張することができずに相手の言うがままになってしまうこともあり得ます。そこで示談交渉自体は素人が行うのではなく、プロに依頼するのが一般的です。自動車保険の申し込みをしておけば、相手との示談交渉は全て保険会社の担当者の方で行ってくれるので、自分は何もする必要がありません。また、現在では弁護士特約が付いている自動車保険も多く、保険会社だけでなく弁護士にも対応してもらいたい時なども、その費用を自動車保険で賄うことができるようになっています。自動車保険自体は絶対に利用するものというわけではありませんが、もし万が一の時にスムーズに解決できるようにするためにも、利用するメリットは十分あるため、車を運転する人は保険の申し込みをしておくべきだといえます。

人気記事ランキング